06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
自閉症児のための絵で見る構造化〈パート2〉―TEACCHビジュアル図鑑
自閉症児のための絵で見る構造化〈パート2〉―TEACCHビジュアル図鑑 (JUGEMレビュー »)
佐々木 正美, 宮原 一郎
パート2です。より、実践的に、特に家庭や教室での具体的な例が役に立つと思います。
RECOMMEND
自閉症児のための絵で見る構造化―TEACCHビジュアル図鑑 (学研のヒューマンケアブックス)
自閉症児のための絵で見る構造化―TEACCHビジュアル図鑑 (学研のヒューマンケアブックス) (JUGEMレビュー »)
佐々木 正美,宮原 一郎
過去記事でも紹介しました。構造化について学んだけれど、実践していくのに具体的なイメージができにくいといった時にかなり役に立つと思います。
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
独特な感覚:昨日のFA学習会にて
昨日はTOUCHのFA学習会(お父さんたちの学習会)の2月定例会でした。
先月の定例会で「感覚的に苦手なものがあるけど、これは我慢させれば慣れていくのか」という話が出ましたので、今月は「独特な認知と感覚」ということで、自分の子どもの感覚の問題や高機能自閉症の方の手記などから分かる認知や感覚の問題ということを、みんなで話し合いました。
その話の中で、自分のことや知り合いのことで感覚の敏感さについての例がいくつか出ました。
例1)化学繊維の服が着れない−ちくちくした感じ、皮膚に引っかかる感じがする
例2)炊き立てのご飯でないと食べられない−保温したご飯のにおいが耐えられない
例3)服のデザインや縫製の具合で、体にあった服以外は着れない−せっかく買ったからもったいないと着ていると1日が終わるころには体ががちがちに硬くなっている
例4)40才近くになるまでウールアレルギーだと気づかずに我慢して着ていた
などなど。これらはすべていわゆる定型発達の人の話です。
これらの感覚の過敏さを抱えている人は、自分で何とか折り合いを付けて生活をしていっているのですよね。過敏さを抱えているから、その刺激は避けとこうということが自分でできるわけです。
しかし、自分の感覚が自分ではっきりと定位できない、何が不快な刺激になっているのか分からない状態の人ではどうでしょうか。自分で避けることができず、なにか不快な状態になってしまっているのではないでしょうか。よくあるのが、不快な状況の因果関係がうまく理解できないために、その状況を避けようとしたり、避けるためにまったく効果的でない行動をとってしまったり。
あってはいけないのに、よくあるのが、本人は感覚の過敏さゆえに苦しんでいるのに、周囲の人が無理に我慢させてしまったりすることも。
感覚の問題については、本人でもよく分からないこともあると思います。周囲の人が想像力を働かせて、よく気づいてあげることが必要でしょう。
自閉症の人の感覚と認知の問題について、自閉症の当事者たちが語り合っている自閉っ子、こういう風にできてます!という本が分かりやすく、目からうろこです。
このよう高機能自閉症の方の手記は読むとよいですね。いろいろ気づかされます。
kyon | 自閉症 | 16:34 | comments(1) | trackbacks(49) | pookmark |
映画:モーツァルトとクジラ
アスペルガー症候群の二人の男女が主人公の映画です。

この映画、見たかったのですが東京でしか上映されていなかったのでとても残念に思っていました。しかし、公式ホームページを見ていると、福岡市「シネテリエ天神」で近日公開予定とのこと。
まだ、上映日等は決まっていないようですが、これから要チェックです。

原作は同題名。実在の二人のノンフィクションです。
モーツァルトとクジラ
モーツァルトとクジラ

それと、4月にはあの韓国映画「マラソン」がテレビドラマになるそうです。こちらも要チェックですね。
kyon | Books | 10:00 | comments(0) | trackbacks(10) | pookmark |
わからない世界・不安な世界
先日の療育中のことです。
同じ絵柄の一部分だけが違っている2種類の絵カードを分類する課題を行ってもらっていました。その子にとっては難しかったようで、こちらが注目してほしいところになかなか焦点が合わず、結局私がほとんど指示して分類してもらう形になってしまいました。
で、その時のその子なんですが、後のほうになると私の顔を見ながら不安そうにカードを出すのです。
そりゃそうですね。自分にとっては何のことだかわからないのに「それはこっち」「これはこっち」と指示されるのですから。それに対して怒ったりパニックになったりせず、言われることに応えようとしているのです。
その時につくづく思ったのです。
この子に限らず、自閉症の人にとって「なんだか自分にとってはよくわからないルールがあって、そのわからないルールに従わなければいけない」というのが、この世界なんだなと。
この「よくわからないルール」をわかるようにしてあげるのが、まわりにいる人の役目なんだなと。
「構造化」の意味を強く実感した瞬間でした。このような瞬間を積み重ねていくことで、より自閉症の人の世界を思い描くことができるようになれればいいなと思います。
kyon | 自閉症 | 22:50 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
学習会「自閉症の理解を促す支援技法について」
昨日は特活)自閉症くらし応援舎TOUCH主催で学習会をおこないました。
たくさんの人が参加してくださいました。
その学習会の参考書として以下の2冊が紹介されました。
ソーシャル・ストーリー・ブック―書き方と文例
マイソーシャルストーリーブック
これらの本を読んで実際にストーリーを書くことがすぐにできるようになりませんが、よく読みこんでいくことで、自閉症の人に社会の枠組みをどのように伝えていくかの参考になると思います。
kyon | 自閉症 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(6) | pookmark |
TEACCH研究会福岡支部講演会・総会
TEACCH研究会福岡支部の講演会・総会が12月16日に行われます。
今回の講演会では「高機能広汎性発達障害の理解」というテーマで、アスペルガー当事者の方のお話が聞ける貴重な機会をもつことができました。たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。
日 時  12月16日(土)13:30〜16:30
場 所  西南学院大学 2号館 202教室
内 容  記念講演 13:30〜16:00 
テーマ 「高機能広汎性発達障害の理解」
      講 師 永柄恵子氏(アベル高取代表) Aさん(当事者)
 総  会 16:00〜16:30 
参加費  500円
kyon | TEACCH | 18:47 | comments(2) | trackbacks(3) | pookmark |
このごろ
このごろ、なかなか更新できずにいました。仕事が忙しかったり、色々と考えたりしておりました。
先日、福岡教育大学のN先生から電話をいただき、仕事上のことで色々とアドバイスをいただきました。N先生、ありがとうございました。

その時に、このブログは見てる人が多いよと言われまして、ちょっと反省したわけです。更新しようと。飛び飛びになると思いますが、時々は覗いてください。

で、本の紹介を久しぶりに行います。
イラスト・まんが教材で「気持ち」を理解―自閉症スペクトラム児の発達支援
イラスト・まんが教材で「気持ち」を理解―自閉症スペクトラム児の発達支援
納富 恵子,黒木 康代,今泉 佳代子

自閉症スペクトラム児の持つ「微妙な社会性のつまづき」を周囲の大人が理解し、より良い支援を行っていくための手がかりを見つけるための方法としてのイラスト・まんが教材の紹介や実践例が書かれています。コミック会話やソーシャルストーリーとも類似した、すぐれた方法ではないでしょうか。勉強になります。ぜひご一読を。
kyon | Books | 18:27 | comments(0) | trackbacks(13) | pookmark |
自閉症児と絵カードでコミュニケーション
続いて2冊目の紹介です。
自閉症児と絵カードでコミュニケーション―PECSとAAC
自閉症児と絵カードでコミュニケーション―PECSとAAC
アンディ ボンディ, ロリ フロスト, Andy Bondy, Lori Frost, 園山 繁樹, 竹内 康二
PECSという絵カードを使ったコミュニケーションシステムを開発された方々が書かれた本です。以前から原書が話題でしたが、その邦訳が出ました。
コミュニケーションの意味からAAC(拡大代替コミュニケーション)そしてPECSについて、自閉症のコミュニケーションの問題と支援方法について重要なことが分かりやすく書かれている本です。この本を読んだだけでPECSがトレーニングできるわけではありませんが、その基本概念は理解できます。この本も必読の1冊です。
kyon | Books | 23:26 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
自閉症児のための絵で見る構造化(パート2)
久々に本の紹介を、2件連続で。まずは1冊目です。
自閉症児のための絵で見る構造化〈パート2〉―TEACCHビジュアル図鑑
自閉症児のための絵で見る構造化〈パート2〉―TEACCHビジュアル図鑑
佐々木 正美, 宮原 一郎
以前から紹介していました「絵で見る構造化」のパート2が出ました。
いろいろな構造化の実践例が満載です。この本を見れば「構造化」の意味が分かると思います。パート1とあわせて必読の本だと思います。
kyon | Books | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自閉症くらし応援舎TOUCHのサイトリニューアル
私がスタッフをしております特定非営利活動法人自閉症くらし応援舎TOUCHのサイトをリニューアルしました。どうぞ、みなさんごらんください。
それと、TOUCHが運営しております自閉症児への個別療育・相談事業であるPLT教室のスタッフによるブログも始めました。まだまだ記事は少ないのですが、こちらもよろしく。
kyon | TOUCH | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
就学についての懇話会(TOUCH主催)
〜就学についての悩みを先輩お母さんとお話されませんか?〜
(特活)自閉症くらし応援舎TOUCHでは今度就学される保護者の方を対象に「就学についての懇話会」をおこないます。

福岡市内の様々な障害児を支援する学校・学級の保護者の方々から、就学に関しての体験談や各学校の雰囲気や独自の取り組みなどを保護者の視点からお話していただける貴重な機会です。就学前のお子さんの保護者や、転校をお考えの方など、皆さんお気軽にお越し下さい。

日 時 7月14日 金曜日 午前10時〜12時
場 所 あいあいセンター 7階ボランティア室
参加費  無 料
参加予定   養護学校保護者・特別支援学級保護者・普通級保護者

申し込み方法 下記へ7月12日までに電話・FAX・Eメールにて
住所・氏名・電話番号を明記の上お申し込みください

特定非営利活動法人 自閉症くらし応援舎 TOUCH(タッチ)
TEL&FAX (092)632−8150
Eメール: npotouch@ybb.ne.jp
kyon | TOUCH | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/10PAGES | >> |